人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 1

お好みであればどうぞ…

手型のついたブックカバー、背骨が浮き出たリュックサック… ウクライナのデザイナー、Konstantin Koftaさんが発表したコレクションは、「人体」に触発されたものとのこと。

アーティスト性の強いKoftaさんのデザインコンセプトは、「抱擁」「骨」そして「ルーツ」というなんとも意味深なもの。とりあえず、試しに「抱擁」の説明文を読んでみましょう。

見えているもの、感じているものがすべてではありません。魂は形を持たない。しかし形は魂を持つ。振動は色を持たない。でも色は振動を持つ。ムードは布地を持たない、しかし逆は真なり… 当コレクションでは、感性よりも肉体にフォーカスしたのです。形と色と布地を、その情熱のままに。

聞きましたか、このアーティストの言葉を。どういう意味なんですか、一体。

人体にインスパイアされたアクセサリは、すでに世界中に多くあります。それらに共通するのは、ちょっぴり高価なこと。今回も例に漏れず、写真のブックカバーは約10万円から。ただこの背骨のバッグはちょっとかわいいかも。

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 2

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 3

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 4

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 5

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 6

人体にインスパイアされたアクセサリたちがすごく狂気 7

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)