噴火前後の火山を宇宙から撮影した画像

噴火前後の火山を宇宙から撮影した画像 1

噴火を予測できるようになるのでしょうか。

去る11月23日、アフリカの西の沖合いにあるカーボベルデ共和国というところにある、標高2800m級の火山、フォゴ山が噴火しました。この画像は、そのフォゴ山を人工衛星のカメラで捉えたものです。

しかも実はこれ、11月3日と27日の同じ場所を撮影した2つの画像を合成し、その変化を示したものなんです。明らかに違いがありますよね。

専門家の方たちはこの画像を元に、噴火の前兆などの研究に活かしたいとしています。ぜひ進めて欲しいですよね。

追記(2014年12月11日01:30):初出には「2つの画像を並べたものなんです」と記載していましたが、修正いたしました。申し訳ありません。

source: ESA

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)