世界最大のスタバはコーヒーのテーマパーク

141208-starbucks7.jpg

ぜひ日本にも作って欲しい...。

スターバックスは、発祥の地シアトルに、とても面白い新店舗を立ち上げました。「Reserve Roastery and Tasting Room」と名付けられたこの店舗。そもそもSTARBUCKSという会社名が入っていませんね。そして驚くべきは、1万5,000平方フィート(約4,500平方メートル)という途方も無い広さ。このお店、その面積の多くを占めるのは客席にあらず。焙煎工場なんです。

141208-starbucks1.jpg

自分が飲むコーヒーが、トラックで運ばれてきた青い豆から、いかにしてバリスタの手でコーヒーになっていくかという過程を余すことなく見ることができる。それがこの店舗の最大の魅力とも言えるでしょう。

141208-starbucks8.jpg

専用の大型ロースターから豆を冷やすためのパイプライン、そしてグラインダーを通ってできあがるコーヒーの粉を、バリスタがフレンチプレスやケメックス、サイフォンといった様々な方法であなたに合わせて入れてくれます。正にスペシャルなあなたのための1杯を提供してくれる店なのです。

141208-starbucks4.jpg

もちろん豆は、こだわりのSTARBUCKS RESERVE(R)のもの。

141208-starbucks5.jpg

また、図書館やレストランを併設しており、ただ、コーヒーを飲むだけにとどまらない施設に仕上がっています。ちなみに2016年にはアジアにも展開するという話ですので、日本に来る日もそう遠くはないかもしれませんね。

source: GeekWire, Starbucks

(小山和之)