アップルはガレージで創業した...わけではない?

141208-ngarage.JPG

すぐに入りきらなくなるからね。

どんな会社にも伝説や苦労話があるように、世界を代表するイノヴェーションカンパニーであるアップルにも創業時の有名な逸話がいくつもあります。

その中の1つ、創業者の2人のスティーブ(スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック)はスティーブ・ジョブズの家のガレージで創業した、という話はあまりにも有名です。しかし、共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏によると、「別にガレージで創業していないんだよ」とBloombergのインタビューで語ったそうです。

実際のところ、ガレージは2人の人間が座るので精一杯の広さで、創造的なことが行われるほどの余裕は無かったとのこと。製造したコンピュータの動作確認や小売店への納品のためにしか使っていなかったそうです。

なによりもアップルはガレージでは収まりきらないほどへ、あっという間に成長したのです。創業時のエピソードは、時として少々美しく歪められて表現されるようですね。

このインタビューでは2人のスティーブがどの様な役割でアップルの中で活躍していたのかについても語られています。高いカリスマ性をもったジョブズと生粋のエンジニアのウウォズニアック。この2人が揃ったからこそ、今日のアップルがあるのだと言えるでしょう。

Source:CNET

(小山和之)