ナタリー・ポートマン、ジョブズ伝記映画に興味なしでスルー

ナタリー・ポートマン、ジョブズ伝記映画に興味なしでスルー 1

いまいちポジティブな話が聞こえてこないこの映画…。

アーロン・ソーキン版、スティーブ・ジョブズの映画に関して、先日ナタリー・ポートマン氏にも話を持ちかけていると報道されたばかりですが、どうやらナタリーは興味なしの様子。ネタ元のVarietyが報じたところによりますと、理由は明らかになっていないものの、出演には興味を示さずパスしたとのこと。本作をパスしたとして、過去にはレオナルド・ディカプリオ氏や、クリスチャン・ベール氏の名前もあがりましたね。

あれこれ噂が飛び交っていますが、製作陣は他の俳優女優にアプローチ中。ナタリーがどの役で打診されたのかはわかりませんが、なんでも、ジョブズ氏の娘リサ・ブレナン役と、アップルの伝説的な元・PR担当ケイティ・コットン役が、女性パートとしてあるとか。

ソーキン版ジョブズ映画は、ニュースに事欠かないといいますか、常に話題になっています。もちろんいい話ばかりではなく、どうなんるんだろう? とも思いますが、今のところ来年春のクランクインは予定通りで進むということです。

source: Variety via MacRumors

(そうこ)