世界一アグリーなクリスマス柄のセーターと言われてるけど…

アメリカン! ってかんじですよね。このテンション。

でも、もしも、おじいちゃんやお父さんや会社の上司が、こんな感じのゴリゴリのクリスマス柄のセーターに、Nゲージがクルクル回る装飾付きの姿で現れたら?アリですか?ナシですか?

海外の映画やドラマを観ていると、こういったクリスマスっぽいセーターを着ていると、マザコンとかちょっと変わり者風に描かれがち。例えばブリジット・ジョーンズの日記でブリジット・ジョーンズがマーク・ダーシーと初めて出会うクリスマスパーティーで、マークは母親のためにしかたなくトナカイの顔のついたゴリゴリのクリスマス柄のセーターを着て、第一印象に悪影響を与えていたりしましたよね。そんなダサイの代名詞のクリスマス柄のセーターに加えて、Nゲージがぐるぐる(笑)

どうです?

なんだか見てるうちに、クリスマス気分も盛り上がるし、愛らしいし、立食の時はワイングラスを置いたりと、ちょっとしたテーブルにもなるから案外便利なのかも!?なんて思えてきたりして…。

また、今まではおばあちゃんやお母さんからの愛情のこもったプレゼントだから、捨てられないし…着ないと悪いような…と、困った存在のセーターで、アグリーセーターなんて呼ばれていたクリスマス柄のセーターですが、去年ぐらいから、あえてこのダサイ感じがイイ!とトレンドファッションとして人気を集めたりもしているそうですよ。

Nゲージまではムリだけど、今年のクリスマスはアグリー・セーターで過ごしてみるのもいいのかも。

source:YouTube via The Awesomer

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)