北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表

北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表 1

米国で25日に公開を予定していたコメディ映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表しました。公開中止の大きな要因は、一連のソニー・ピクチャーズハッキング事件に関連して、大手映画館がハッカーから脅迫をうけ上映から手を引いたことにあります。公開してくれる劇場がなければどうにもなりません。

以下、ネタ元のVarietyに掲載されたソニーの発表文から一部抜粋。

「12月25日公開予定の映画ザ・インタビューの公開を見合わせることを決定しました。パートナーである劇場の立場を理解、尊重します。従業員、お客さんの安全が第一であるのは私たちも同じ気持ちです」

「ソニー・ピクチャーズは、今回の我々の社員、お客様、そしてビジネスに対する前代未聞の犯罪の被害者です。我々を攻撃し、知的財産、個人的なメール、デリケートな情報を盗み、精神的に私たちを苦しめた犯人は、彼らが好ましくない映画公開を邪魔するのが目的だったようです」

「映画製作者、そして彼らの表現の自由を尊重すると共に、今回の決定は非常に残念」

ソニーは公開中止を決めただけでなく、今後の公開予定もないとしています。もちろん、永遠の公開中止というわけではないのですが、しばらくはなし。この状況が解決するまでは劇場公開は考えられないでしょう。オンデマンドでの配信や、DVDのリリースがどうなるのかまでは、触れられていません。

北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表 2

今回、ハッカーからの脅迫の対象となった映画「ザ・インタビュー」は、北朝鮮の金正恩第1書記にインタビューをするテレビ番組司会者が暗殺を実行する様子を描いたコメディー。ジェームズ・フランコとセス・ローゲンが主演をつとめています。

source: Variety 1 via 2

Ashley Feinberg・Eric Limer - Gizmodo US[原文 12

(そうこ)

ソニーハック(12月1日〜) 関連記事

new ソニーハックは北朝鮮のサイバー攻撃と米当局断定。えらいこっちゃ…

new 北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表

new 映画「ザ・インタビュー」プレミア上映すると「9・11」級の攻撃を起こすと脅迫メール

ソニー・ピクチャーズに元社員が集団訴訟、個人情報流出で

ソニー・ピクチャーズが盗まれたデータの流出サイトをDDoSで反撃(追記あり)

ハッカーが出したソニーへの要求は、映画「ザ・インタビュー」の公開中止

ソニー・ピクチャーズハッキング事件。流出したのは元従業員の個人情報、俳優の電話番号…

ハッキングに関するソニーの内部メモが公開「前例のない、比類なき犯罪」

ソニー・ピクチャーズへのハッキング元はバンコクの5つ星ホテル

ソニー・ピクチャーズのハッキング、思わぬ方向へ。社員やその家族に脅しも

ソニー流出データが追加公開、管理の甘さが浮き彫りに

ソニーはパスワード数千個を「パスワード」というフォルダに保管していた

ソニー・ピクチャーズのハッキング、史上最悪規模に

ソニーハックは北朝鮮?米本土サイバー攻撃を警戒せよ、FBI極秘通達(追記あり)

公開前のソニー映画、数本がネットにリークされてしまう