好きなアイウェアに付けられる小型・軽量の片眼用ウェラブル・モジュールが登場

好きなアイウェアに付けられる小型・軽量の片眼用ウェラブル・モジュールが登場 1

なんにでも付けられるのは最高。

これまで、ウェアラブル端末は多くのメーカーにて開発されてきましたが、本体がアイウェアとセットであったり、単体で装着できるタイプでも、大きくそして重いのが問題でした。

ソニーは、好きなアイウェアに付けられ、視界の邪魔をしない超小型で、重さがたったの約40gしかない片眼用のウェアラブル端末を開発。この端末は「2015 International CES」(2015年国際家電ショー)で初公開され、コンセプトモデル「SmartEyeglass Attach!」が参考展示されるそうです。

好きなアイウェアに付けられる小型・軽量の片眼用ウェラブル・モジュールが登場 2

小型・軽量化を可能にしたのは、主に超小型高精細カラー有機ELディスプレイ超小型光学ユニットにあります。

有機ELディスプレイは、世界最小クラスの0.23型を搭載しつつも、640☓400の解像度を実現し、輝度は800カンデラ/平方メートルを有し、コントラストも10000:1以上。また、sRGB色域を100%カバーしているため高色彩な映像が得られます。

そしてその高画質を最大限に活かすユニットは、本端末専用に開発され、2メートル先の16インチディスプレイに相当する視野を有し、晴天下でも暗い屋内でも高画質の映像が投映できます。

さらに、無線LANBluetoothに対応したモジュールも実装し、バッテリーは容量400mAhを実装するとのことです。

好きなアイウェアに付けられる小型・軽量の片眼用ウェラブル・モジュールが登場 3

活用シーンとしては主に日常生活、またスポーツにおける支援もターゲット。ソニーは、この端末の量産を2015年中に開始する予定。

なかなか伸び悩んでいるウェアラブル端末。小型・軽量化の実現で爆発的に普及する可能性は大いにありますね。

source: SONY ニュースリリース

(okeyuhi)