ボルボが自転車ヘルメットを開発、道行く車と連携できる

自転車と車のコミュニケーション。

同じ道路を走るもの同士、自転車と車はもう少し歩み寄りが必要でしょう。なんとなくお互い嫌っている雰囲気がありますが、それじゃいかんのです。そこで、お互いの安全のために、ボルボが開発しているヘルメットがこれ、自転車&ドライバーのコミュニケーションを手助けします。

141224volvohelmets.jpg

ボルボがPOCとエリクソンとの共同開発で進めているこのヘルメットは、もちろんまだコンセプト段階。自転車乗りに人気のアプリStravaと一緒に使うシステムになっています。Stravaがサイクリストの位置情報をクラウドにあげることで、ボルボ車がその情報にアクセス可能。例えサイクリストがドライバーから死角となる位置にいようとも、この情報を使ってドライバーに注意を促すことができるというわけです。その逆もしかり、サイクリストに車の動きについて注意喚起をすることもできます。

141224volvohelmets01.jpg

もちろん、この仕組みは注意を促すというもの。実際に事故が起きてしまえば、サイクリストやドライバーを守ることはできません。が、まずは注意からですよ。安全は双方の努力あってこそ。

source: Volvo

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)