ベレッタの猟銃の妖しくも美しい製作工程

未来のテクノロジーと500年変わらない手彫り。

世界最古の銃メーカー「ベレッタ」の銃ができるまでを撮った映像です。ボーッと最後まで観てしまいますね。

世界中の軍、警察に愛用されているベレッタですが、ここで見せているのは最高級のプレミアムグレードモデルです。お値段は車1台買えるぐらいします。映像製作はイタリアのAncarani Studio、監督はPaola Manfrin氏。

火。溶鉄。森。木。無機質なロボットアーム。寸分の狂いもない切削。息。生き物のように横たわる銃身をガンスミスが手にとってカチッと嵌める音。ぞくっときますね。このカチッで、車1台分のお札を積んでしまうんですなあ。

米ギズ読者さんからは「全工程手づくりというのは嘘だろう」、「これも手作りだぞ」とパキスタンの銃製造工程の映像(下)も寄せられていますよ。

これもボーッと最後まで観てしまいますね。音楽のせいかな。

source: Beretta

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(satomi)