映画「ザ・インタビュー」プレミア上映すると「9・11」級の攻撃を起こすと脅迫メール

映画「ザ・インタビュー」プレミア上映すると「9・11」級の攻撃を起こすと脅迫メール 1

「警告」という見出しの恐ろしいメッセージが…

米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへの大規模なハッキングに始まり、先日も映画「ザ・インタビュー」(ザ・インタビュー)の上映を中止するよう脅迫じみたメールが送られています。そして今回…。

Varietyオンライン版が公開した記事によれば、北朝鮮の最高指導者、金正恩氏の暗殺計画をコミカルに描いた映画「ザ・インタビュー」のプレミアや上映に合わせ、「9・11」のようなテロをほのめかすメールがが見つかった模様。米国土安全保障省もこの件に関してコメントを出しています。

ハッカーたちは以前に約束していた複数のファイルからなる「クリスマス・サプライズ」を公開。そのサプライズの内容は不明ですが、「マイケル・リントン(ソニー・ピクチャーズのCEOの名前)と題されているとのことです。これまでにはハッカーによってソニーの重役エイミー・パスカルさんや、職員や元職員の個人情報を含む情報が漏らされています。

そしてこちらがVarietyが公開したメール全文とされるものの内容です。

警告

我々は「ザ・インタビュー」のプレミア上映も含めて、この映画が上映されるその場所、その時間に、お前たちにはっきりと示そう。恐ろしい行いに楽しみを求める者にどれだけ恐ろしい運命が待っているのかを。

もうすぐ世界中のソニー・ピクチャーズエンタテインメントがどれだけがおぞましい映画を作ってしまったのか見ることになるだろう。

世界は恐怖に包まれる。

2011年9月11日を思い出せ。

我々はお前たちにその場所、その時間から距離を置くよう勧告しよう。

(もしお前の家が近くにあるのであれば、そこを去るべきだ。)

これから何が起ころうとも、それはソニー・ピクチャーズエンタテインメントの欲深さが招いたことだ。

全世界がソニーを非難することになるだろう。

なお、米国土安全保障省の代表者はこのメールの内容に対しこう述べています

我々は今もこの声明の信ぴょう性を分析しているところです。現在のところは、アメリカ合衆国内の映画館に対する、進行中の計画が存在するという確固たる情報は存在しません。

大規模なイタズラか、大掛かりなステマか、それとも本当に攻撃が計画されているのか…真実は未だわかりませんが、悪いことが起きないことを祈りましょう。

source: Variety

Kate Knibbs - Gizmodo US [原文]

(abcxyz)

ソニーハック(12月1日〜) 関連記事

new ソニーハックは北朝鮮のサイバー攻撃と米当局断定。えらいこっちゃ…

new 北朝鮮パロディー映画「ザ・インタビュー」、ソニーが公開中止を発表

new 映画「ザ・インタビュー」プレミア上映すると「9・11」級の攻撃を起こすと脅迫メール

ソニー・ピクチャーズに元社員が集団訴訟、個人情報流出で

ソニー・ピクチャーズが盗まれたデータの流出サイトをDDoSで反撃(追記あり)

ハッカーが出したソニーへの要求は、映画「ザ・インタビュー」の公開中止

ソニー・ピクチャーズハッキング事件。流出したのは元従業員の個人情報、俳優の電話番号…

ハッキングに関するソニーの内部メモが公開「前例のない、比類なき犯罪」

ソニー・ピクチャーズへのハッキング元はバンコクの5つ星ホテル

ソニー・ピクチャーズのハッキング、思わぬ方向へ。社員やその家族に脅しも

ソニー流出データが追加公開、管理の甘さが浮き彫りに

ソニーはパスワード数千個を「パスワード」というフォルダに保管していた

ソニー・ピクチャーズのハッキング、史上最悪規模に

ソニーハックは北朝鮮?米本土サイバー攻撃を警戒せよ、FBI極秘通達(追記あり)

公開前のソニー映画、数本がネットにリークされてしまう