人間チン。中国のミリ波ビームの新兵器WB-1は見た目ただのトラック

2014.12.26 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

141216PolyWB1.jpg


迷彩柄の箱型トラックに衛星アンテナ縛り付たような見かけですが、この風貌に騙されちゃいけません。こやつのビームを浴びると体内瞬間沸騰で、電子レンジの猫みたいに胃がムカムカするんです。死にはしませんがね(たぶん)。

中国が公開した非致死性兵器「Poly WB-1」です。詳しいスペックは謎の部分が多いのですが、中国政府によると、射程距離は80m(今後の改善で1kmまで伸びる可能性あり)。ミリ波ビーム(波長1~10mmの電磁波。電子レンジ[波長100μm~1mのマイクロ波]の仲間)で人間の体内の水分子を興奮させ、激痛を走らせる兵器とのこと。

警棒振らなくても、扇動家や民主改革を求めるデモ隊にはこのミリ波ビームを一発浴びせればヨロヨロと後退するというわけです。

WB-1は、ライセオン社が2007年に発表した兵器「ADS(active denial system)」にすごくよく似てます。ADSはアフガニスタンに配備されたのですが、いろいろ問題が多く、2010年までに回収されています。

ADSは激痛ビームにマイクロ波も使い、前身する勢力を後退させていたのですが、なんせ起動してから発射オーライになるまでに16時間もかかり、しかもいざ発射するとメチャクチャ燃料食うのですぐ終わるという代物でした。

この問題が解消されたかどうかはわかりませんが、仮に解消されたのだとしたら、こちらとしても金網のボディアーマーで電磁波シャットアウトしなきゃいかんですね。電子レンジの扉みたいに。


source: Extreme tech - PopSci - Janes

Andrew Tarantola - Gizmodo US[原文
(satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 007 / スカイフォール (字幕版)
  • undefined
  • 亜人(5)
  • 桜井画門|講談社
・関連メディア