Xiaomiの次期スマホはサファイアガラスを採用する?

Xiaomiの次期スマホはサファイアガラスを採用する? 1
※画像は今年発売されたMi4

来年はサファイアガラスがスマホのキーワードになるかもしれません。台湾ニューサイトのDigiTimesによると、中国のスマホメーカーXiaomiの次期フラッグシップ端末にはサファイアガラスでカバーされた5.7インチディスプレイが採用されるそうなんです。

サファイアガラスを採用するメリットとしては「傷つきにくい」ことがあげられます。上の動画はサファイアガラスを搭載した京セラ製スマートフォン「Brigadier by KYOCERA」がどれくらい頑丈かを試した動画ですが、本当に傷つくの?って思うくらい頑丈です。

ただし、サファイアガラスには「生産性が低い・コストが高い」などのデメリットも存在します。5.7インチとおおぶりなディスプレイにサファイアガラスを採用すると端末価格もそれなりに上がってしまいそうですが、安価な端末でシェアを広げてきたXiaomiはどんなマジックをみせてくれるんでしょう?

Xiaomiの次期フラッグシップ端末は来年1月に開催される総合展示市場「CES 2015」で発表されると見られています。いま最もホットなファブレット市場にXiaomiがどんな形で殴りこみをかけるのか、注目です。

image: arstechnica

source: DigiTimes

(塚本直樹)