ワイヤレスでも大電力。10Wを超える非接触給電を東芝が開発

ワイヤレスでも大電力。10Wを超える非接触給電を東芝が開発 1

ワイヤレス給電、次のステージへ?

東芝はスマホなどのモバイルデバイス向けに、新たな非接触充電システムを発表しました。これは受電用IC「TC7765WBG」および送電用IC「TB6865AFG Enhanced Version」からなり、なんと10Wを超える出力が可能だとか。

現在一般的な非接触充電規格Qi(チー)規格「LP v1.1」での出力上限は、5V/1Aまでとなります。一方で今回開発されたシステムはというと、最大で12V/1A(7V/1A〜12V/1A)での出力が可能になっており、ワイヤレス給電の大電力化に対応しました。

ワイヤレスでも大電力。10Wを超える非接触給電を東芝が開発 2

注目したいのが互換性です。

今回発表された給電システムはQi規格で定められる「LP v1.1」を使用しています。そのため、従来の給電システムとチャンポンできるのもポイント。ただし、その性能を発揮するためには、受電用IC「TC7765WBG」および送電用IC「TB6865AFG Enhanced Version」をセットで利用する必要があるとのこと。下位互換ということでUSBみたいな感じですね。

東芝はこの非接触給電システムを、2015年1月下旬からサンプル出荷を開始し、2015年6月からは量産を予定しています。既存の機器を高速充電することはできませんが、将来性を期待したい技術です。

source: 東芝(プレスリリース)

(小暮ひさのり)