アマゾンが独自映画製作、劇場からネットへ1~2ヵ月で公開

2015.01.20 08:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150120_amazonmovie.jpg


年間12本の量産、でも質にも期待!

アマゾンは2年ほど前からストリーミングコンテンツを独自制作していて、しかも高い評価を受けています。たとえばコメディドラマ「Transparent」はゴールデングローブ賞2部門で受賞していますし、最近パイロット公開された「The Man in the High Castle(高い城の男)」の出だしも上々です。そして今アマゾンはストリーミング用にとどまらず、映画館で上映される映画も作ることになりました。それも年間最大12本、劇場公開してほどなくアマゾン・プライム向けにもオンライン公開する計画です。

今年始動するAmazon Original Moviesは、劇場公開から30~60日間後にアマゾンのInstant Prime Streaming Serviceで公開されるようになります。最近は劇場公開してからオンデマンドサービスに載るまでの期間が短くなる傾向がありますが、このアマゾンの動きでそれがさらに加速されそうです。たとえば映画「スノーピアサー」は米国では劇場公開から2週間ほどでオンデマンド公開されましたが、興行的にも成功しています。つまり、オンデマンド公開を早めたからといって劇場への客足が鈍るとは限らないことがすでに示されているんです。

アマゾンがどんな映画を作るかはまだ発表されていませんが、製作全体を取り仕切るのは「21グラム」や「マーサ、あるいはマーシー・メイ」「アイス・ストーム」など評価の高いインディーズヒットを手がけてきたテッド・ホープ氏です。上にも書いたようにアマゾンはテレビ番組制作でも実績を作りつつあるし、1年で作られる12本のうち少なくとも何本かは良作が期待できるんじゃないでしょうか。


source:The Next WebThe Verge

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • HOMELAND / ホームランド シーズン4 (字幕版)
  • undefined
  • HOMELAND / ホームランド シーズン3 (字幕版)
  • undefined
・関連メディア