スマートテレビは3Dテレビと同じ道をたどるのか? 終わりの始まり

2015.01.08 13:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150108nomore3dtvitsasmarttvera.jpg


3Dテレビで何を学んだのでしょう。

毎年CESに足を運ぶ米Gizmodo編集部。会場にいるからこそ感じる家電の動向。スマート家電が増える中、スマートテレビがでてくるのは当たり前。しかし、そのスマートさは本当に我々が欲しいものでしょうか。つい数年前まで注目されていた3Dテレビは普及する前にすっかり過去のもの。しかし、今スマートテレビもそれと同じ道をたどろうとしています。米GizのDarren記者が、会場で肌で感じたテレビ業界の未来とは…。


***


2、3年前のCESなら、この手の記事は3Dテレビが主役だっただろう。不格好なメガネを装着して見る3Dテレビ…。これが本当に未来のテレビなのか? 今年のCESで、その疑問はスマートテレビに向けられている。過去に3Dテレビに感じた違和感がそのままスマートテレビに。

今年のCESは、4Kテレビの年だと言える。各テレビメーカーは、ついにあれこれギミックに注力するのをやめ、単純に大きくて美しいテレビを作ることに戻ってきた。大きく美しい画を手の届く価格で、テレビの基本の基本、原点回帰したと言える。しかし、一方で、LG然り、サムスン然り、シャープにソニー、他メーカー然り、どれだけ大きく美しい画を映し出しても、それらのテレビにある「スマート」要素であるソフトウェアはまだまだいま一つだ。いや、はっきり言って悪い。だからこそ、そんなに悪くないテレビOSを目にした時、感銘を受けるし、光を見た気になる。


150108nomore3dtvitsasmarttvera01.jpg


今年、そんな光が見えた企業がいくつかあった。シャープソニーは自身の影を解き放ち、ついにグーグルのAndroid TVを採用した。パナソニックは、4KテレビにFirefox OSを加えた。これは快挙と言える。グーグルはソフトウェアを熟知している、Mozilaもだ。

正直なところ、もっと踏み込んでもいいと思う。Android TVは、TizenやwebOS、その他ガチャガチャしたテレビOSよりも優れているのではないか。もっとAndroid TVを使えばとも思うが、その踏み込み方はまだまだ中途半端に感じる。最近のリサーチでは、テレビをネットに接続して使用しているユーザーのうち、ネットベースの機能を使っている人は極少数だということがわかっている。また一説では、米国の約25%の家庭は2015年にはストリーミングメディアを取り入れると言われている。これは裏を返せば、大多数の人間はスマートテレビなんていらないと感じているということだ。そもそも、テレビメーカーがどれだけスマート化しようとソフトウェアを開発したところで、35ドルの他社に負けてしまうのではないか。

35ドルの他社…。つまり、今買うべき/欲しい最高のテレビは、4Kだけど複雑な機能を付け加えていないシンプルなテレビだということ。HDMIポートが幾つも付いていて、美しい4K映像が見れるるだけでいいのだ。なぜか? 35ドルの他社がいるからだ。ChromecastやFire TVがある。Fire Stick、Nexus Player、Apple TV、PS 4、Xbox One、価格を広げればスマート化するための他社端末はいくらでもあるのだ。

テレビにスマートさを求めるならば、ユーザー自身の好みで選べばいい。選択肢は多く、35ドルからスマートさを手に入れることができるのだ。スマートさは横に置いて、テレビは画を大きく美しく映し出すという点だけで選べばいいのだ。素晴らしいスクリーンを、素晴らしい価格で手に入れたい。その後のスマート化は、自分でやるからという話。

テレビというハードと、スマートさというソフトを分けて考えて選ぶのは、テレビ業界のハードとソフトのサイクルから見ても重要だと思う。ソフトウェアは毎年、下手すれば半年に1度のペースでアップデートされていく。しかし、テレビというハードをそのスパンで買い換える人はまずいないだろう。テレビは何年も使うものだ。するとどうなる? ハードがソフトの進化に追いつけなくなったら、ただ取り残されてしまうだけなのだろうか。




ソフトウェアを抜きにしても、今年のCESに並んだテレビは内蔵されたテクノロジーですでに賢いし、LED/OLEDディスプレイのパフォーマンスでもその賢さを発揮している。だからこそ、セットでついてくる「スマートさ」が、この価格のいくらかはもっていくと思うと悔しいのだ。これがついてくるからこの値段だと言われると、買う気が減退してしまうのだ。そのスマートさはいらないから安くしてくれ、と。こっちで後から好きなスマートさをつけるからさ、と。

しかし、まだ希望は捨てない。テレビ業界は3Dテレビというちゃちなギミックで学んだはずだと思いたいからだ。来年のCESこそは、正しい方向にあることを願おう。


***


機能の少ないテレビこそ最高とはよく言ったもので、共感する人も多いのではないでしょうか。本文中のサムスンのツイートにも、「いらーん、単純で分かりやすいテレビが欲しいのに」とリプライしている人が何人かいます。美しく、大きく、そして安い、今テレビに求められているものはテレビの原点なのです。


Darren Orf - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SHARP AQUOS 液晶テレビ 32型 LC-32H11
  • シャープ
  • SONY 40V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KDL-40W600B
  • ソニー


・関連メディア