3Dプリンターで、火炎放射器を自作する輩が現る

2015.01.25 19:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150111_3dfire.jpg


広い世界にはこういう人、出てきちゃうよね。

リーフブロワー(落ち葉を吹き飛ばす機械)のバッテリー、料理に使うじょうご状の器、プロパンガスバーナー、そしてそれらを繋ぎ止めるために3Dプリンターで出力したオリジナルのパーツに燃料はコーンスターチをセットし、燃え盛る火炎放射器を自慢しています。仕組み上、3Dプリンターが無くても作れそう?



ちなみにこの動画にも出てくるアメリカのワシントン州在住のIvan Owenさんはマッド3D信者みたいな雰囲気ですが、子供のために3Dプリンターで義手を作ったり、とても精度の高いロボハンドを作ったりと、業界では有名人です。


sorce:Tech Crunch
(mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者
  • 竹内一正|朝日新聞出版
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア