盗まれた芸術作品を3D仮想空間で観賞するプロジェクト

本物が無いなら、Oculus Riftで見ればいいじゃない。

本物の芸術作品なら、実際に足を運んで見に行くことができますが、何らかの理由で見れない作品もあります。ゴッホなど有名な画家の作品は通常何億円という価値で取引されるため、当然盗まれることもあるわけです。中には、政治的な理由で閉鎖した美術館にあった作品が略奪されたケースも。ニューヨーク大学のTisch ITPの学生Ziv Schneiderさんは、世界で盗まれた芸術作品だけを集めた美術館「The Museum of Stolen Art」を作り上げました。開催場所は、3Dで作り上げられた仮想空間です。

来場者はOculus Riftを頭に装着し、PlayStationのコントローラーで歩き回れます。オーディオガイドが流れ、それぞれの作品について解説してくれます。このプロジェクトの目的は、実際の美術館では見ることが不可能なものを視覚化し、回収・保護するために親しみを感じてもらい、文化的な窃盗を多くの人に知って欲しいということだそうですよ。

展示されている作品は、全てFBIとインターポールのデータベースから取得されたもの。解説ビデオ内には「もしこれらの絵画を外で見かけた場合、直ちに国際警察に報告してください」というナレーションも。作り上げられた3D空間は決してリッチなグラフィックではないですが、そのコンセプトを表現するには十分です。

ゲームだけでなく、文化的・教育的にもOculus Riftは使えるんですね。

source: The Museum of Stolen Art via Co.Design

(徳永智大)