1995年にアップルが作った初代Apple Watchを見たギークたちの反応

まぁそういう反応しちゃいますよね。

昨年9月の発表以来、今か今かとその発売を待っている人も多いApple Watch。最新テクノロジーの結集であり、今後のガジェット界の未来を左右するウェアラブル、スマート端末。しかし、アップルが最初の最初に作ったApple Watchは、まったくスマートではなかったのです。

以前紹介したアップル最初の時計、それは1995年に遡ります。丸い盤面にブルーのベゼル、アップルのレインボーロゴ、針はカラフル、そしてベルト部分には「MacOS」というエンボス加工された文字入り。もちろんWiFiもBluetoothもなし。タッチスクリーンでもないし、Apple Payなんてとんでもありません。この時計、単独商品として売り出されたのではなく、Macintosh System 7.5へのアップグレードを推奨するキャンペーンプレゼントとして登場したのです。アップグレードすると、この時計かコンフリクトキャッチャー3のどちらかがもらえたというもの。

アップルの歴史の1つである非常にレアなこのアイテムを、TechFastのJonathan MorrisonさんがCESに持ち込みました。さて、来場しているギーク達の反応は?

「ミッキーマウスの時計みたい」

「…これで、何するの?」

「悪くないと思うけど…、まぁ、着けないけど」

「テック要素ない、ただの時計じゃん」

「ジョブズぽさがあちこちにある!」

でしょうね。動画に登場する人々は、この時計が出た時には1歳から7歳、産まれていない人もいます。アップルファンにとっては、お宝アイテムです。

source: YouTube via Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)