Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」、2015年夏米国に上陸

Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」、2015年夏米国に上陸 1

これまでドイツやフランスなど一部の地域でしか入手できなかったパナソニックのAndroid搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」が今夏米国で発売されます。

CM1は2014年9月、ドイツのカメラ見本市フォトキナで発表され、話題となりました。4.7インチフルHD液晶、1インチ2,010万画素センサーと、これだけでも高品質な写真を撮影するのに十分なスペックと言えます。さらに、ポケットに収まるほどのサイズなのに4Kの動画が撮影できるなど、携帯電話とカメラが融合した未来はこうなると実感させた機種と言えるでしょう。

Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」、2015年夏米国に上陸 2

Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」、2015年夏米国に上陸 3

Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」、2015年夏米国に上陸 4

Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」、2015年夏米国に上陸 5

ただし、いくつか気になる点があるので紹介しておきましょう。一つ目は、すでに発売されている欧州での商品レビューで、使い心地が悪く、スペックどおりの能力を発揮できないという声があがっているということです。もう一つは、現時点でCM1がAndroid 4.4(KitKat)のみでしか使えないということです。米国発売前にAndroid 5.0(Lolipop)で使えるようになるのかはまだわかりません。

米国での販売価格は約1,000ドル(アンロックGSM)。当初はAT&TとT-Mobileのみでの取り扱いになりますが、プロバイダは今後増える可能性があるとのことです。

Michael Heesion - Gizmodo US[原文

(岡徳之)