Apple Payによる駐車場料金支払い、ニューヨークで検討中だそうです

Apple Payによる駐車場料金支払い、ニューヨークで検討中だそうです 1

車とApple Payは切っても切れぬ関係に?

MarketWatchの報道によると、ニューヨーク市駐車料金の支払いシステムとしてApple PayやPayPal、それにBitcoinを新たに加えることを検討しているそうです。なんでも同市はスマートフォンやモバイルデヴァイスによる素早い決済システムを模索しているそうで…Apple Payなんかは、この要求にはうってつけのシステムのようにも思えますね。

ニューヨーク市がモバイル決済システムに求める要求は以下の通りです。

・駐車違反に関する詳細を確認できるように、チケットの写真が撮れること

・UIがシンプル、支払いが簡単でセキュリティ面に不安がないこと

現時点でもニューヨークではメールや役所のサイトを通じてオンラインで支払うことができます。しかし、そのシステムはモバイルデヴァイスに対応していなかったり、クレジットやデビットカード支払いの場合2.5%の手数料がかかるなどあまり便利なものではありません。もしApple Payで専用端末にタッチするだけで支払いが完了すれば、これまでよりずっと便利になりそうです。

アメリカでは一部のガソリンスタンドが年内にApple Payに対応することを検討していたりと、Apple Payが一気にアメリカ国内で広がりそうな予兆があります。

source: MarketWatch via MacRumors

(塚本直樹)