グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 1

モジュール着せ替えも楽しそうですよ。

グーグルのモジュール式スマホプロジェクト「Ara。モジュール式のパーツを組み替えることで、機能を付け足したり、差し引いたりもできるというのがウリのAraですが、これまでのところあまりそれが製品化され、実際に世に出た先の姿を想像する事はできませんでした。でも、この写真や動画を見ればこれまでワクワクしていなかった人もワクワクしてくるはず!

プロジェクトAraの年次開発社向け会議で明らかにされた詳細とともにお伝えします。

グーグルがモトローラをレノボに売却した時に、グーグルが売り渡さなかった研究開発部門「Advanced Technology and Products(ATAP)」は、プロジェクト「Tango」もやっていますが、プロジェクトAraを担当しているのもココです。そのATAPの頑張りが見られた今回の開発社向け会議。そこで公開されたのは、Araプロトタイプ3号機である「Spiral 2」です。

フレーム

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 2

こちらはAraの骨組み、なにもモジュールをつけていない状態です。フロントカメラ/スピーカー部分もモジュール式なオプションであることが見て取れます。論理的にはスクリーンを低解像度のものから高解像度のものに好みに合わせて交換が可能ですね。

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 3

(フレームの裏側を2つ並べた写真)

ただ、こうも沢山モジュールが埋め込め、また動画にあるように沢山素敵なモジュールが用意されれば、モジュールの付け替え回数も多くなるでしょうし、コネクタ部分も摩滅での消耗にも耐えれるように作られないといけません。それもグーグルがもう少し時間を必要としている理由のようです。

モジュール

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 4

モジュールなしにAraを語ることはできません。これまで明らかにされていたものはWi-Fi/Bluetooth、カメラ、バッテリー、グラフィック、ストレージ、などでした。今回グーグルが発表したモジュールは、増量バッテリー、スピーカー、汚染センサーです。グーグルはAraをプエルトリコでテストし、屋台の販売スタンドなどで売ったりすることも考えているそう。

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 5

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 6

モジュールを全部組み立てると…

Araのアイデアの凄いところは、このあなたが望んだスマートフォンが、望むときに手に入るというところです。長旅に出てバッテリーも長く持たせないといけないと言う時には、解像度の低いスクリーンに追加バッテリーモジュールをつけていけばいいわけです。子供のサッカーの試合に行かないといけない?それなら質の高いカメラモジュールをつけていきましょう。これは野心的な夢ではありますし、これが大勢の人が望んでいるものというわけでもないでしょうが、このアイデアはもっと探求する価値はあるでしょう。出てくるのが楽しみです。

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 7

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 8

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 9

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 10

グーグルがモジュールスマホ「Ara」の新プロトタイプとオシャレ動画を公開 11

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(abcxyz)