リコー、CESに新型APS-C一眼レフデジカメを参考出品

リコー、CESに新型APS-C一眼レフデジカメを参考出品 1

骨太感の強い、マッシヴなルックスですね。

名前はまだない。機能も一切明らかになっていない。しかし存在感はなかなかのもの。そんなペンタックス印の一眼レフデジカメをリコーがCESで公開しました。発売は2015年春の予定とのこと。

角張ったデザインはトップモデルのK-3を思わせますが、AF/MFの切り替えスイッチをはじめ、各種コントローラの数や配置を見るに、防塵・防滴構造を持つK-50の後継機かも

気になるのは画像右側、背面方面。ヒンジっぽい部分が見えますが、横に開くバリアングル液晶を積んでくるのでしょうか。

キットレンズと思われる18-50mmもコンパクトで使いやすそうです。

source: リコーイメージング

(武者良太)