レノボ外付け積み上げ拡張ボックス「Think Pad Stack」発表

レノボ外付け積み上げ拡張ボックス「Think Pad Stack」発表 1

デスクオーガナイザーよりもすっきり。

どんなに机をきれいにしても、スピーカーやバッテリーをはじめとしたガジェット類、そして様々なケーブルが机の上を占拠していませんか。レノボの「Think Pad Stack」があればこの問題も解決するかもしれません。

このThink Pad Stackは厚めの板状になったデヴァイスで磁石とLegoのような凸凹に従って縦に重ねることで、これまでは机の上で散らかっていた個別のさまざまなデヴァイスをまるで1つのキューブのようにまとめてくれます。Bluetoothスピーカー、バッテリーパック、無線LANルーター、外付けHDDをユーザが使いやすいように重ねることが可能です。

レノボ外付け積み上げ拡張ボックス「Think Pad Stack」発表 2

また、Think Pad Stack全体に対してバスパワーでの給電が可能なので、接続するケーブルもたった1本で構いません。机の上のケーブルが一気に減るのが目に浮かぶでしょう。発売は今年の4月を予定しており、Bluetoothスピーカーが90ドル(約11,000円)、バッテリーパックは50ドル(約6,000円)、無線LANルーターと外付けHDDはセットで200ドル(約24,000円)です。

価格はそこまで重視しなくても、机の上が整頓されるという意味合いだけで価値のある製品と言えます。今後さらにヴァリエーションが増えることでデスク上を綺麗にまとめるクールなデヴァイスとして進化してくれることを楽しみにしたいですね。

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(小山和之)