Flappy Birdがスマートウォッチゲームの歴史を変える?

Android WearでWindows 95を起動させてしまったハッカーが、今度はAndroid Wearで海外を中心に爆発的な人気のゲームFlappy Birdをプレイできるようにしてしまいました。

スマートウォッチは音楽を再生したり、新着メールなどのお知らせを受信したり、フィットネス情報を記録したり、操作に熱中するあまり人間関係から孤立したり(というのは冗談ですが)、色々なことができます。しかし、スマートウォッチが開発される前の、電卓付き時計に文字が入力できるようになった時代からずっと時計が不得意としてきたのが、ゲームでした。Android Wear向けのFlappy Birdは、スマートウォッチ向けゲームの歴史を変えるかもしれません。

確かに、これまでにもAndroid Wear向けのゲームはありました。Googlewatchには Flappy Bird の非公式のクローンもありました。しかし、ハッカーのコービン・ダベンポート君は、公式のAndroid向けゲームを少し変更し、Android Wearでプレイできるようにしてしまったのです。Play Storeからはダウンロードできませんが、ゲームを手に入れるのは簡単です。修正済み APK をダウンロードしたら、ウォッチをパソコンに接続し、いくつか簡単なコマンドを実行するとアプリをサイドロードできます。

スコアが見えないのと、上のパイプも少し見えづらいという問題をのぞいては、ゲームは全く問題なく動きます。筆者も、もしも長い時間待合室などで過ごすことになって、他に何も手持ちのデバイスがなかったら、このゲームで遊ぶだろうと思います。

source: Phandroid

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(山田まり)