アップル新社屋設計の「Foster + Partners」によるApple Storeが続々登場

150121-westlake1.jpg

何という美しさ。

今週土曜日、アップルは中国に新店舗「Apple Store West Lake」をオープンします。場所は杭州市という中国8番目の経済都市ながらも、世界遺産の西湖という美しい湖があり、古都として人気のある場所です。

150121-westlake3.jpg
Apple Store West Lakeのイメージ

今回オープンするのは旗艦店で、その設計に携わったのがAppleCampus2の設計と同じ「Foster + Partners」です。彼らは、最近ではStructual Awardsを受賞したイスタンブールの「Apple Store Zorlu Center」の設計も行っており、アップルとしてはお気に入りの建築家なようです。

150121-westlake2.jpg
Apple Store Zorlu Center

このイスタンブールのZorlu Centerと今回のWest Lakeのストアを比較すると、共通するのはガラス張りのファサードと、非常に薄く仕上がったスラブでしょう。Zorlu Centerはモール内部なのでわかりにくいですが、West Lakeは壁や屋根部分の見付けの厚みも非常に薄く、建物全体から軽やかさが演出されています

150121-westlake4.jpg
建設中のApple Store San Franciscoのイメージ

そして、現在期待されているFoster + Partners設計のAppleStoreがもう1つあります。それがサンフランシスコのユニオンスクエアに建設中の新しい旗艦店です。このストアは州への建設許可の取得に景観の観点から苦戦したようですが、現在鋭意建設中です。見所はなんと言っても高さ13.4mという1階の床から2階の天井まである巨大な引き戸状のガラスでしょう。この引き戸が大きくスライドすることで搬入を前面から出来るというメリットがあるとのこと。

このCGを見ると、Zorlu CenterやWest Lakeに通じるものを感じないでしょうか。日本の最新店舗である表参道ももちろん美しいですが、Foster + Partners設計のAppleStoreが、日本にも新しくできてくれないでしょうかね。

source: the Institution of Structural Engineering , appleinsider , macX , MacRumors

(小山和之)