iPhoneも操作できるアイトラッキング特許、アップルが取得

150121napplepatent.jpg

他社のスマホにはちょこちょこ採用されています。

スマホの画面に手を伸ばさずに操作したいというテーマは昔から結構あって、例えばサムスンのGalaxyシリーズではアイトラッキング機能によりページのスクロールができたりします。アップルが今回取得したアイトラッキング技術の特許も、将来的にはiPhoneやiPad、Mac、それにもしかしたらApple TVに搭載され、それらのコントロールを可能にしてくれそうです。

今回取得された特許「Systems and methods for counteracting a perceptual fading of a movable indicator」では、ちょっと難しい「トロクスラー効果」について解説されています。ざっくりと解説すると、例えば画面の一点(カーソルなど)を見続けたあとにそのカーソルがヒュッと動くと、そのカーソルを見失いやすくなる…みたいな現象が起きる、そんな経験をしたことがある人はたくさんいるかと思います。

この現象を防ぐために、アイトラッキング機能はユーザーの視点の動きを正確に把握し、ほぼリアルタイムに画面上に反映する必要があるんだそうです。

150121npate2.jpg

たとえば、上のカーソル機能はユーザーの見ている点に表示され、ユーザーによる操作を助けてくれます。システムはユーザーが画面を凝視した時間を測定して、先程述べたカーソルの消失を防ぐ、というわけです。また、赤外線を利用して瞬きした瞬間のカーソル移動を検知したり、顔とディスプレイの距離・角度を検知する方法についても述べられています。

そして、最終的にそれらの計測結果はディスプレイ上のカーソルに反映され、カーソルのポジションやアニメーションを調整することによってユーザーエクスペリエンスを向上させるそうです。

150121npate3.jpg

今回の特許はスマートフォンなどのモバイルデバイスやラップトップへの採用が想定されていますが、もしかすると最も役立つのは登場が噂されるApple TVに採用された場合かもしれません。ボイスコマンドでアプリを呼び出し、細かいメニューは目線で選択する…なんてシステムが搭載されたら、便利だし本当にカッコイイですよね。

source: USPTO via Apple Insider

(塚本直樹)