ホンダのスーパーカー、新型NSXがデトロイトオートショーでデビュー

ホンダのスーパーカー、新型NSXがデトロイトオートショーでデビュー 1

これは獰猛そうだ!

初代モデルが登場して25年。そして2005年に前モデルが生産終了してから10年。日本発のスーパーカー、ホンダ(アキュラ)NSX新型が、アメリカの北米国際オートショーで発表されました。

ホンダのスーパーカー、新型NSXがデトロイトオートショーでデビュー 2

ミッドシップに収まるのは直噴V型6気筒ツインターボエンジン。さらに3モーターのハイブリッドシステムを搭載。ミッションは9速DCTです。

エンジン、モーター、トランスミッションやシャシーのレスポンスを高精度に制御する「Quiet」、「Sport」、「Sport+」、「Track」の4モードがあり、状況に応じてパフォーマンスを引き出せるとのこと。

また発進時にはエンジンとモーターをフル活用させる「ローンチモード」も備えています。

ホンダのスーパーカー、新型NSXがデトロイトオートショーでデビュー 3

テールもセクシーですなあ。セクシーコマンドーですなあ。

ホンダのスーパーカー、新型NSXがデトロイトオートショーでデビュー 4

出力は一説によると550馬力。価格は約15万ドルから。長らくファミリーなマシンばかり作ってきたホンダですが、コンストラクターとしての実力は世界トップクラス。初代NSX同様、プレミア価格がつくほどの人気車となる予感がしてなりません。ああ、助手席でいいので一度は乗ってみたい...。

source:ホンダ

(武者良太)