風船で空を飛ぶ「リアル・カールじいさん」現る

確かに憧れます。

風船をたくさん体にくくりつければ、空を飛べるのではないか? 子どもの頃には誰もが夢見たことではないでしょうか。まさに「カールじいさんの空飛ぶ家」のように。

ただ、大人になって実現させようとはなかなか思わないものですが、やり遂げた人がいました。「とにかく飛んでばかりいる男」として活躍中のErik Ronerさんその人です。

この「リアル・カールじいさん」の再現に使われたのは、ヘリウムガス50タンクと90個の風船とのこと。気になるのは「どうやって降りるのか」という点ですが、まさかの展開でした。くれぐれも、安易にマネなさらないように…。

Casey Chan - Gizmodo SPROID[原文

(渡邊徹則)