「それ食べたらあかんやつ」をスマホに教えてくれるセンサー

「それ食べたらあかんやつ」をスマホに教えてくれるセンサー 1

古くなった肉でお腹を壊すデイリー・インシデントから我々を守ってくれるセンサーを、MITの物知りさんたちが開発してくれました。

「でもそのセンサー、お高いんでしょ?」と思った皆さん、実はこれ、カーボン・ナノチューブを使って安いNFCチップをちょっと改造するだけ。それだけで特定のガスを検出できるようになるんですってよ。あらやだ、お買い得じゃない!

この技術を開発した化学者チームは、このセンサーのあらゆる活用シーンを模索していますが、身近なところでは食品パッケージへの利用効果が高そうですね。たとえば食べ物が腐っているときには、スマートフォンに信号を送り、私たちに教えてくれるんです。これまでも似たようなセンサーを見たことはありますが、スマホと連携して動くこんなに機能的なセンサーはありませんでした。

このセンサーの素敵なところは、なんといっても安いこと。またNFCチップとスマホをくっつけて気になるモノにかざすだけで、気体に関する情報を読み取ってくれるという手軽さもイイですよね。もちろん、NFCチップなのでこの機能のためだけに充電する機器が増えるといった煩わしさもありません。

センサーを発明したMITのチームは、同技術に関する特許を申請済。しかし現在は更なる改良を試みているところでして、無線通信の距離を伸ばすためにBluetoothでも応用できないか研究中だそうです。また、バッヂにセンサーを埋め込んで身につけておくことで、危険なエリアで働く方々が有毒ガスなどをいち早く察知できるようできないか思案中とのこと。

もちろん、私たちにとっては肉や魚が腐り始めたときにプッシュ通知を受けられると、非常に助かりますよね!

Image via MIT

source: MIT

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(Rumi)