新しいサムスンのスピーカー、まさにアパチャー・サイエンス作品

新しいサムスンのスピーカー、まさにアパチャー・サイエンス作品 1

独特のデザインのスピーカー。実はサムスンがカリフォルニアのバレンシアにある最新オーディオラボで開発されたということです。でもこのスピーカー、明らかにあの有名ゲームのアイテムで知られるテレポーテーションツールに似ていません?

残念ながらこのサムスンのスピーカーには、アパチャー・サイエンス製品みたいにWAM6500やWAM7500には空間をゆがませたり物質を移動させたりする能力はついていないようですが、「リングラジエーター」と呼ばれる機能を使って音を部屋中の空間360度に放ちます。価格や購入場所などの詳細はまだ公開されていませんが、どうやら上の画像の卓上型モデルと下の画像のまるでケトルなモデルから選べるようです。Pボーイにはアトラスが必要、ということですかね。

新しいサムスンのスピーカー、まさにアパチャー・サイエンス作品 2

Sean Hollister - Gizmodo US[原文

(大場巧揮)