地球外生命体を特定できるかも、このナノセンサーなら

みた目はとても小さいこのデバイス。

でもサイズにだまされてはいけません。このレーザー付きのナノセンサーは極小の物体の動きでさえも検知できる優れもの。地球外生命体の発見にも役立つかもしれないのです。

このデバイス、実はレーザーモーションセンサーを搭載したシンプルなカンチレバー。バクテリアが通過すると、微小の振動を起こし、レーザーが生命体の反応として記録します。バクテリアが死んだら、動きは止まる。とてもシンプル。

デバイスを制作したフランスの科学者たちによれば、一つのセンサーは約500のバクテリアをとらえることができるそうです。お気づきかも知れませんが、このセンサ、地上でも活躍できます。例えば、ある薬が異常細胞を殺せるかどうかの判定などにも応用が可能です。

宇宙空間では、生命体の発見には化学センサーを使うことが当たり前になってきました。しかしそれが動きを検知できないとしたら? 生命体は予想もしない化学形態かもしれません。このバクテリアサイズの動作検知器だったら、成果をあげてくれそうです。

source: PNAS via Physorg via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US [原文

(大場巧揮)