口の中の水分レベルと口臭を検知できるアイテムができました

口の中の水分レベルと口臭を検知できるアイテムができました 1

これがあれば、もう自分の息がクサいかどうか心配する必要はありません。

酒気帯び運転の検査に使われるアルコール検査機のセンサーに少しだけ手を加えて、他の問題を調べられるようになりました。Brethometerの新商品MINTを使うと、息のアルコール濃度ではなく、口の中が乾燥していないかどうか、そして息がクサくないかどうか測定できます。

口の中の水分レベルと口臭を検知できるアイテムができました 2

アルコール検査機は肺の中の空気がしっかりと吹き込まれる必要があるため一定時間息を吐き続ける必要がありますが、MINTは口の中の湿度と揮発性硫黄化合物の量を測るために小さなファンを使っているので、機器に息を吹かずに、逆に軽く吸い込んで使います。

ユーザーはスマートフォンのアプリとBluetooth接続を使って息の中の水分レベルや硫化水素、メタンチオール、二硫化水素のレベルをチェックできます。これだけでは化学的すぎてちょっとよく理解できなそうですが、その他に、ミントの葉っぱの枚数を使って息のフレッシュ度を採点してくれる機能もあります。

口の中の水分レベルと口臭を検知できるアイテムができました 3

MINT 以外にも息の臭さを計測できるアイテムはあるんですが、ほとんどがノベルティグッズとして使われているチープなもので、正確さは期待できません。Breathometerからは、Breeze という非常に正確なアルコール検査機が発売されており、同社は今回、その製品を改良してMINTを作っています。水を飲んだり、歯を磨くタイミングを知ることも大事ですが、MINTは歯周病や虫歯などよりシリアスな問題を見つけるのにも役立ちます。

Breeze は既に販売されていますが、MINTを買うには8月頃まで待つ必要がありそうです。販売価格はおよそ99ドル(約12,000円)です。でも、どうしても早く手に入れて「もしかして、息、クサいかも?」という心配から解放されたい人は、こちらのIndiegogoのキャンペーンで200ドル(約24,000円)のドネーションをすると、少し早めの4月に入手できるようです(ただし、アメリカ国内のみ)。

source: Breathometer

Andrew Liszewski - Gizmodo US[

原文

(山田まり)