どんな人にもフィットするメガネの秘密は、柄のつなぎ目パーツにある

メガネって1本だけじゃ物足りず、2本目に手を出した時からどんどん増えていきますよね。いいよね、メガネ。

近年のメガネの進化と言えば、やれスクリーンだ、やれ小型プロジェクターだ、やれカメラだ、やれヴァーチャルリアリティだという方にばかり目がいきがちですが、根本的なところに注目したのがこの会社REM Eyewear。追求するは誰がかけてもかけ心地のいいメガネ。それを実現させるのが、メガネと柄のつなぎ目となる独自のヒンジです。

どんな人にもフィットするメガネの秘密は、柄のつなぎ目パーツにある 1

通常のメガネにあるヒンジは、1方向=柄を折り畳む/開くの方向にしか曲がりません。が、REM EyewearのメガネフレームSpineのヒンジは、複数のセグメントが1本のケーブルで繋がれており、上下左右と多方向にしなやかに曲がることができます。これによって、どんな頭のサイズでも形でも、多くの人にうまーい具合にフィットするメガネとなるのです。

Spineフレームは、近々発売予定。価格は217ドルから250ドルを予定しているといいます。

どんな人にもフィットするメガネの秘密は、柄のつなぎ目パーツにある 2

どんな人にもフィットするメガネの秘密は、柄のつなぎ目パーツにある 3

source: Spine Optics

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)