トヨタが5,600以上の燃料電池車の特許を無償で利用可能に

150107mirai.jpg

トヨタはMIRAIというFCVのために蓄積した水素燃料電池技術をより発展させるために、約5,680もの特許を無償で使用可能にすると発表しました。

この特許の中には、およそ1,970個の車載燃料電池関連や、MIRAIなどの車に使われる燃料を安全に伝える加工技術約290個、水素の発生に使われる技術およそ70個などが含まれています。これら特許は他の自動車メーカーや部品サプライヤー、燃料ステーションの建設に前向きな企業が使用可能になるようです。そしてこれら水素燃料電池車関連の特許が無償で利用可能なのは2020年まで、水素発生関連の特許は無期限で無償利用できるとのこと。

この発表は世界を化石燃料から一歩脱却させるトヨタの利他的な動きにみえますが、水素燃料電池車のさらなる普及のための取り組みでもあり、これによってわたしたちがMIRAIを買うメリットも増えるんです。

電気自動車と同じく、水素燃料電池車の使用が広がらないのは、燃料を補充する場所が少ないという原因があります。そして燃料を補充する場所が少ないということは、利益を上げるだけの十分な燃料電池車が走っていないという原因によるものです。トヨタが他の自動車メーカーより簡単に、より安く燃料電池車を開発できたり、水素燃料の生産を簡単にできないようにしたら悪循環なのです。無償利用される特許は関連技術のさらなる発展のために一役買い、トヨタにも恩恵があるのは確実でしょう。そして、私たち消費者にとってもいいことだということができますね。

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文

(大場巧揮)