トヨタ、やたらごきげんな足取りのダミー人形「スティーヴ」を製造・販売

CESのプレスカンファレンスで、トヨタは自社の先進安全技術研究センター(CSRC)から新規にスピンオフ企業を設立し、インディアナ州パデュー大学と共同開発した関節つきの歩行者マネキンを製造・販売すると発表しました。

元気よく手足を振って歩く(?)衝突実験用ダミー人形「スティーヴ(およびスティーヴ Jr.)」くんは、自動車の進行方向にいる人間を検知するセンサの機能強化を行なうため、実際に動いている歩行者の動作をより正確にシミュレーションする手助けをしてくれます。トヨタは歩行者を自動的に回避する車を、彼と二人三脚で開発していくというわけです。

しかしスティーヴくんの何が凄いって、やたらごきげんな足取りで道路を横断する緊張感のなさですよね。しかも、なぜこんなにも見た目が脱力系なのか、なぜ真っ赤なポロシャツ1枚なのか…。その仕様に関わる背景は一切、謎に包まれたままです。

でも、こんな人が道路に飛び出してきたら、集中力が削がれまくって事故りそうですな。スティーヴくんは、そうした心理戦も加味した上で開発された、最先端かつ最強のダミー人形なのかもしれません。

ところで、彼を見て「何かに似ている」と思ってたんですよね。うーん、なんだったかな。

…あ。思い出した。

これだ。

トヨタ、やたらごきげんな足取りのダミー人形「スティーヴ」を製造・販売 1

co-meetingのデフォルトアイコンの人(実写版)だ。

2015年、世界のTOYOTAが「デフォルトアイコンの人」に似たダミー人形で交通安全をさらに促進させる時代。今年もテクノロジーの発展を心より楽しみにしております。

source: Toyota, デイリーポータルZ

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)