グーグル、電気で動く無料シャトルバスの運行を開始

150114_googleshuttlebus.jpg

クリーンかつ無料で言うことなしです。

グーグルは、同社のキャンパスがあるマウンテンビュー市で、Motiv社と共同開発した電気式シャトルバスの無料運行を開始しました。100%電気で稼働し、サンタクララの住民が町を無料で回れるようになります。発表は2014年7月にマウンテンビュー市により行われていましたが、運行は今週から。

このバスは、16人の乗客が乗ることができ、無料Wi-Fiも完備しています。車体の後ろには自転車ラックがあり、車いすの人の入り口もあり、至れり尽くせり。公共のバスで無料ということだけで凄いことですけどね。未だにスマホの使用を禁止する、日本の一部の交通機関に見せてあげたい…。バスの技術は、サンフランシスコ・ベイエリアを拠点とする「Motiv Power Systems」により開発されました。でもこのプロジェクトに関しては、今後2年間グーグルが資金を援助するそう。

運行スケジュールは、平日は午前10時から午後6時までに31分ごと。週末と祝日は、正午から午後8時まで、60分ごとです。通勤時間には運行しないので、既存の交通機関の代わりになるものではないそう。

さすがハイテク企業が密集するシリコンバレーといったプロジェクトですよね。

source: City of Mountain View, Mountain View Community Shuttle via 9to5Google

(徳永智大)