手のひらサイズで壊しても落ち込まない安さのドローン

150114_nanodrone_1.jpg

市販のものでは“最小のドローン”かも?

ドローンを誰でも楽しめるようにした立役者とも言えるパロット社の製品から、GoProを乗せて撮影機材としても使われるDJI社のドローン、最近では自撮りができるドローンまで、多様なものが登場しました。でも、どれも最低1万円以上の値段が付いていて、破損するリスクも十分にありますよね。

オレンジと白のカラーリングが可愛い「SKEYE Nano Drone」は、4×4cmで文字通り手のひらに収まるサイズのドローンです。電源を入れて、付属する6軸のコントローラで操作します。操作スキルに応じて初心者・中級者・上級者と3つのフライトモードがあり、難しいものほどアクロバティックな飛行を楽しめますよ。電源オンになるとLEDが点灯するので、暗い場所でも大丈夫です。

150114_nanodrone_2.jpg

150114_nanodrone_3.jpg

30分の充電で、50m以内の範囲で約8分の飛行が可能です。値段は59ドル(約6,900円)という安さ。野外でも屋内でも楽しめて、なにより安いので、無くなったり壊れたりしても泣くことはありませんよね。撮影をせず、ただ飛ばす楽しさを味わう分にはピッタリなドローンかも。購入はTRNDlabsのWebサイトから。日本からでも購入可能です。

source: TRNDlabs via HiConsumption

(徳永智大)