骨格標本に命を与えるアプリをスミソニアン博物館が開発

150115-smithsonian1.jpg

骨格標本も動き出す。

ティラノサウルス・レックスを別にすれば、化石や骨格標本って学童期前の子には面白くないですよね。それに、博物館は子供にとってちょっと退屈過ぎる場所だと思いませんか? そんな子供に興味を失わせないために、スミソニアンの国立自然史博物館は新しいiOSアプリ「Skin&Bones」を開発しました。このアプリで、化石や骨格標本に3DアニメーションとARを駆使してリアリティを与えたのです。

150115-smithsonian2.jpg

国立自然史博物館で、最も人気の展示施設である「Bone Hall」には、骨格標本や化石標本が300近くも展示されています。そこで「Skin&Bones」を使うと、現在展示のうち13の骨格標本がiPhoneやiPadのカメラを向けることで、命を持ったように動き出すのです。3Dアニメーションによって動物たちは命を得たように動き出し、教育的な情報を含んだ映像を映し出します。

このアプリには自然史博物館の詳細地図も含まれており、もちろん無料でダウンロードできます。また、国立自然史博物館は館内でWiFiを提供しているので、博物館に訪れる人は通信料も払う必要なく、このアプリを楽しめるんですね。

また、スミソニアンの博物館では収蔵品の3Dデータを公開したり、4万点以上の画像データを公開したりと、デジタル化に対して積極的なのが特徴。是非とも日本の博物館や美術館も真似して欲しいものです。

source: Smithsonian , 3DCM , engadget

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(小山和之)