課金システム×液晶つき冷蔵庫。それは想像してなかった

150116-hir.jpg

ハイアールアジアは中国資本の企業ですが、その根っこはサンヨーの白物家電部門。理にかなった家電作りには定評のある技術者集団が、このようなアイテムを作るようになるとは!

液晶ディスプレイつきの冷蔵庫は以前からありましたが、ハイアールアジアが考えているコイツは「冷蔵庫内のものが見える」「温度がわかる」といったモノとは少し違います。

150116-R0270007.jpg

2ドアの両方に、大型の液晶ディスプレイを搭載。ここに表示するコンテンツは別途販売するという課金システムを考えているとのこと。

150116-R0270011.jpg

例えば水槽コンテンツは無料で提供。泳がせる熱帯魚は課金することでゲットできます。等身大の縦型2画面液晶ディスプレイでAQUAZONEができるわけですね。これ、リアルな水槽でやったらお値段7ケタ行きますね。

15016-hir-k.jpg

なおハイアールアジアは、別モデル用ですが冷蔵庫着せ替えカバーも販売する予定。そう頻繁に買い換えない家電だからこそ、いつでも外観を大きく変えられる仕組みを取り入れていく姿勢を見せています。

磁石でメモをとめることができなくなる悲しさはありますが、視点はとても面白そう。家電を使った新たなビジネスモデルとなるのでしょうか。

source: ハイアールアジア(PDF)

(武者良太)