手書きの筆跡をそのまま真似るロボット

手書きからデジタルへ、そしてまた手書きへ。

パソコンで年賀状などを作成するのはもう日常的ですが、コンピュータで印字された文字はちょっと味気なく、特に親しい人などにはやはり手書きで送りたいですよね。

そこで、ニューヨークの高級ギフト会社Bondは、手書きの筆跡を再現するロボットを開発しました。実際に万年筆を持ち、まるで人間のようにスラスラと文字を書いています。

Bond社では以前から、あらかじめ用意されていたフォントを使ってロボが代筆を行うというサービスは行っていたのですが、今回は、依頼主の筆跡をそっくり再現できるとのこと。

すごい進化だと感心しますが、以前のデフォルトフォントの利用(現在はサービス廃止)が1通約600円だったのに対し、今回は約2万3,000円からと、お値段もずいぶん進化してしまいました。

さすがにちょっと高いかな…という方には、自分の筆跡にはなりませんが、手書き風のカードを贈ってくれるHandwryttenというiOSアプリもあります。

日本語など、文字種が膨大にある言語ではまだ難しいのかもしれませんが、代筆ロボットの登場も近いのでしょうか。

source: NewScientist

Omar Kardoudi - Gizmodo SPROID[原文

(渡邊徹則)