色補正でこんなに変わる。ホラー映画の感情比較動画

色補正でこんなに変わる。ホラー映画の感情比較動画 1

色で感情が操作される。

カンザス州でポストプロダクションを行っているGradeによる、同一シーンの色補正を数パターンずつ比較したユニークな動画が公開されています。使われている映像は映画「The House On Pine Street」の一部。サイコホラー映画なのですが、補正の具合によって恐怖感悲壮感など、観る側の感じ方がかなり変化するのを体感できますよ。

たとえば冒頭の女性にアップするシーン。女性の表情からなにか嫌な予感だったり緊張するような雰囲気は感じ取れるのですが、映像全体の色調が変わるとその雰囲気の程度も大きく変化します。

色補正でこんなに変わる。ホラー映画の感情比較動画 2

色補正でこんなに変わる。ホラー映画の感情比較動画 3

色補正でこんなに変わる。ホラー映画の感情比較動画 4

色補正でこんなに変わる。ホラー映画の感情比較動画 5

一番上と一番下の画像から感じる恐怖感の違いは、かなりのものがありますね。まるで、色で視聴者の感情が操作されているようです。赤は興奮するとか青は落ち着くなどと聞きますが、この映像はその効果をモロに感じる気がします。

ちなみに以下の動画は素材となっている「The House On Pine Street」のトレイラームービー。今年の2月にアメリカで公開予定です。

色補正云々の前に普通に怖そうな映画です…。

source: MIFDESIGN ANTENNA

(今野愛菜)