ゲーム会社のウェアラブル「Razer Nabu」に廉価版「Razer X」が登場

2015.01.26 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150108razor-1.jpg


ゲーム専門の米Razerから最新のウェアラブル端末が発表されました。

Razerが発表したのは、フィットネス用ウェアラブル端末「Razer Nabu」の廉価版「Razer X」。価格は50ドル。価格が100ドルでデュアルスクリーン搭載のNabuの入手は難しい状況ですが、こちらのRazer Xもすぐに入手するのは難しそうです。

Razer Xは、Nabuのようなデュアルスクリーンの代わりに3つのLEDライトでさまざまな状況を知らせることができます。ただし、3つのLEDライトだけというのはデザイン的におもしろくないかもしれません。実は、Nabuのデュアルスクリーンの一つがこっそり取りやめになったとも言われています。それは理解できるのですが、廉価版ではもう少しクールなデザインを期待していました...。

それでも、ウェアラブル好きはチェックすべきデバイスですし、使い勝手も悪くなさそうです。例えば、電話がかかってきたら3つの青色LEDが点滅する、など。専用アプリでライトの色やパターンを変更することでもできます。ただ、正直退屈です。

It still does active sleep tracking, 1回の充電で5~7日の連続利用が可能で、もちろん防水加工がされています(水泳には向いていませんが)。


150108razor-2.jpg


一番クールなのは、近くにあるNabu端末を見つけることができる機能。Nabu端末を身につけている人とハイタッチするだけで連絡先を交換することも可能です。また、オンラインゲームプラットフォーム「Steam」と連携できるアプリを現在開発中で、同じ部屋でプレイする人とコミュニケーションをとることも可能となるようです。

一般向け販売は春頃になるとのことです。


Sean Hollister - Gizmodo US原文
(岡徳之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カメラ付 RC ラジコン クアッドコプター マルチコプター コントローラ付き
  • SYMA
  • Razer Kraken USB バーチャル7.1ch USBゲーミングヘッドセット
  • Razer Inc.
・関連メディア