ソニー、GPSや心拍数センサを搭載した防水イヤホン一体型ウォークマンをCESに出展

ソニー、GPSや心拍数センサを搭載した防水イヤホン一体型ウォークマンをCESに出展 1

ソニーはCES 2015にて、イヤフォン一体型の防水ウォークマン「Sony Smart B-Trainer」を参考出展していました。音楽が聞けるだけでなく、心拍数モニタ、GPS、歩数を計測するための加速度計などを搭載しています。

製品名称である「Sony Smart B-Trainer」の「B」は「Beat」を表していて、2つの意味が込められているそうです。ひとつは「心拍数(heat"Beat")」で、右耳の後ろのセンサーで心拍数を計測します。もうひとつは文字通り、音楽を表す「ビート(Beat)」です。

他のフィットネス系ウェアラブルデヴァイスと同様、どのくらいの距離を走ったのか、どのくらいカロリを消費したのか、心拍数はどう推移しているのか…といった情報をスマートフォンに転送してくれます。

アクティヴィティトラッカとしての機能だけでなく、前述の通りカナル型イヤフォンと音楽再生可能なウォークマンが一体化しているので、音楽トラックを保存可能、さらにフィットネスプランに合わせて流す音楽をカスタマイズすることもできます。

つまりスマートフォンを持ち出すことなく、この「Sony Smart B-Trainer」を耳にセットするだけで音楽が聞けて、さらにアクティヴィティトラッカの役目も果たしてくれる、一石二鳥な優れものなのですね。

ソニー、GPSや心拍数センサを搭載した防水イヤホン一体型ウォークマンをCESに出展 2

さらにB-Trainerにはエクササイズを音声で指示するコーチング機能も備えています。

「そろそろ休んだらどうだい?」「さあ燃やしていこう!」などという音声で運動のモチヴェーションを上げてくれます。

Smart B-Trainerは、まだ具体的な発売時期は明確にされていませんが、今年中、願わくば今年前半に発売予定だそうで、価格は不明です。

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(mayumine)