SpaceXの着陸するロケット「Falcon 9」がクラッシュする決定的瞬間、イーロン・マスクが画像を公開

20150110spacexlanding.jpg

3、2、1、タッチダウン!

とまで上手くいかなかったのは、先週末に打ち上げられた宇宙ロケット開発集団SpaceXの新型ロケット打ち上げテスト。打ち上げた「Falcon 9」が、海上に停泊するはしけに着陸する歴史的な一日になる予定だったはずが、CEOのイーロン・マスクのツイートによると、ロケットは無事はしけまには降りてきたそうですが、着陸で失敗したとのこと。どれだけ着陸が難しいか、投稿されたFalcon 9がドラマチックにクラッシュした瞬間の画像で見れますよ。

着地したドローン船上に置かれたカメラが捉えた決定的瞬間。「Falcon 9」に付いている4つの安定板が水圧を失って45度に傾いたまま甲板にクラッシュ、エンジンが火を吹いちゃっています。

あと少しだったのにね。

14階建てほどの高さのある「Falcon 9」を長さ約91メートル、幅約30メートルのはしけにまで計画通り飛ばせただけでもSpaceXのエンジニアリング・チームとロケット技術の素晴らしい進歩ですよね。この勢いなら無事に着地させるのは時間の問題じゃないかなあ。

source: The Verge

(鴻上洋平)