サムスンのTizen初号機「Z1」、インドで撃沈。5年前の携帯と呼ばれる

2015.01.25 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150115-tizen2.jpg


インド人の目は思った以上に肥えていた…

Android対抗でサムスンが独自開発したOS「Tizen」。その世界初のスマホZ1」がインドでついに発売!…と思ったら、早速インド人から「カメラがショボい」だの「アプリがない」だのとブーイングが巻き起こっていると、中国メディアロイターが伝えています。

最近市場シェアに翳りが見え始めているサムスン。ここは世界第3位のスマホ市場インドで1万円スマホをバーンと売り出して巻き返しを図りたいところ!なのですが…

「メインカメラが315万画素、フロントカメラは30万画素。これではまるで2010年のスマホだ」 「Android Oneと比べると、Z1がいかにヘボいかがわかる」 (愛妻にスマホを買いにきたムンバイの映画監督Ahmed Sheikhさん)

なんて言われてますよ。

因みにAndroid Oneというのは、グーグルがインド携帯メーカー3社と組んで出してる低価格スマホのことですね。そっちの方が全然いいと。この辺は国内ブランドびいきも少しはあるのかなぁ…。

確かにTizen対応アプリはまだ約1000種しかありません。AndroidとiOSが100万種以上あることを思うと、ゼロが3つ足りない…そのうちAndroidアプリも使えるようになるって話もありますが。

92ドル(1万円ちょい)の価格を少しは評価してよって思いますけど、IDCのアナリストは「一番安ければいいってものでもなくて、消費者が求めているのはスペックだ(キリッ)」とロイターに語ってます。

インドは人口12.5億人で、1万円切る携帯がシェアの半数近くを占め、スマホ利用者はたったの10%。このとてつもない乗り換え需要を見込んで、スマホがなんと280ブランドもある激戦区(いつの間に…)。

今月はマイクロマックスが対抗機種YUREKAをアマゾンのタイムセールにかけ、ものの数秒で2万5000台を完売したニュースにすっかり話題を攫われてしまった格好です。

パイも大きいけど、壁も分厚いぞ、インド。


source: Reuters, Searchina, ET

(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • covia SIMフリー スマートフォン FLEAZ F4s ( Android4.4 / 4inch WVGA / 標準SIM / microSIM / デュアルSIMスロット / 512MB / 4GB ) CP-F40S
  • covia
  • ANKER Astro M1 5200mAh モバイルバッテリー iPhone6 iPhone5S 5C 5 4S / iPad Mini Retina / iPod / Galaxy / Xepria / Android / 各種スマホ / Wi-Fiルータ等対応 大容量かつコンパクト 92 x 45 x 22mm (日本語説明書付き) Astro M1
  • Anker
・関連メディア