Windows 10最新プレビュー版、重要機能を5つのGIFアニメで

ContinuumからCortanaから、今度こそ未来!の手応え。

マイクロソフトは去年のWindows 10発表後すぐ、そのプレビュー版を公開しました。でも先週のイベント後、さらに新しいビルドが公開されました。そのもっとも重要な機能をGIFでご覧ください。

まずWindows 10の最新プレビュー版で見られる新機能の中でも最大のものは、デスクトップモードとタブレットモードを自動で切り替える「Continuum」です。タブレットモードではウィンドウがすべてフルスクリーンアプリになり、スタートメニューもフルサイズのスタートスクリーンになります。この機能はたとえばSurface Pro 3でキーボードを本体から取り外したときには自動で働くし、こんな風に手動で切り替えることもできます。

それから、待望の音声アシスタントCortanaがデスクトップにやってきます。今はまだかなりバグだらけで、現実的に使えないレベルですが、いくつかは使える機能もあります。たとえば、設定でオンにしておけば、いつでも「Hey Cortana」といえば立ち上がってくれます。

音声コントロールを使っていないときでも、CortanaはBingと連携していて、コンピューター内もWebもここから検索してくれます。自分のファイルもWikipediaもアプリの立ち上げも、Cortanaがやってくれます。

右からスワイプで立ち上げるチャームバーは、通知センターに取って代わられました。OS X Yosemiteにも似ているし、Windows Phone 8.1で搭載された通知センターと似たような感じです。

そして最後に、Windows 10のタブレットモードでは、旧来のデスクトップアプリも今までになく快適に使えます。古いデスクトップオンリーのアプリもタブレットアプリと同じジェスチャーに反応するので、移動中なんかにタッチで操作するのもかなり楽になっています。

Windows 10は確実にやってくるとはいえ、現時点ではまだプレビュー版です。バグも多く、特にCortanaはまだ願望の幻みたいなものです。でもこのプレビュー版をちょっとでも使ってみると、Windows 10は今度こそ待望してきたハイブリッドOSの未来かもしれないと思えるものがあります。このプレビュー版でさえそれだけの感触が得られるってことは、完成版はどこまでいくのか…と思うと、待ち遠しいですね!

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(miho)