Windows 10の新ブラウザは新機能が盛りだくさん?

Windows 10の新ブラウザは新機能が盛りだくさん? 1

IEは去り、最強のブラウザがやってくる?

去年末に、これまでWindowsの標準ブラウザだった「Internet Explorer(IE)」は廃止され、「Spartan」のコードネームで呼ばれるブラウザが搭載予定だと噂されました。テックメディアのThe Vergeはマイクロソフトの関係筋から、Windowsの次期バージョン「Windows 10」に搭載予定のブラウザに関する、新しい機能の情報を得たようですよ。そのほとんどの機能は、他のOSやブラウザも対応していないものばかりで、注目を集めています。

まず紹介しているのは、Webページにスタイラスやタッチ操作で注釈を付けてシェアできる機能です。OneDriveと連携して機能し、注釈を付けて保存されたページはどんな環境からでも見られるようになるみたい。いちいちスクリーンショットやスケッチアプリを立ち上げる手間が省けるし、友達や同僚のグループとシェアできるのは便利そう。

また以前から開発が進んでいて、Windows Phone OSの初期バージョンにも搭載されていた音声アシスタントの「Cortana(コルタナ)」も統合されるようです。基本的にはアップルのSiriやGoogle Now、音声検索のような機能らしく、フライト情報やホテルの予約、荷物のトラッキングが既存のアドレスバーでできるようになるようです。IEにおけるBingのような存在となるのでは、とも言われていますよ。

他にも、「ブラウザのタブをグループごとに整理できる機能」「Windows Storeアプリとなり、頻繁にアップデートされる」「スマートフォン、タブレット、PCでのルック&フィールが統一される」など盛りだくさんです。マイクロソフトは上記の件に関して何も発表していないので噂にすぎませんが、十分にあり得そうな機能ですよね。

ラスベガスで開催されているCESでもWindows搭載の魅力的なラップトップやタブレットが発表されていて、今年はWindowsへの注目が増えそうです。

source: The Verge

(徳永智大)