今年はサムスンがWindows Phoneに力をいれてくるかも…なんてうわさ話

今年はサムスンがWindows Phoneに力をいれてくるかも…なんてうわさ話 1

サムスンとWindows。

最後にサムスンがWindows Phoneを作ったのは、Windows 8 Samsung ATIV SE、Verizon専用端末で昨年の春のこと。以来、Windowsには触れていなかったサムスンですが、どうやら今年は張り切っているとか。

ネタ元のKorea Timesが報じたところによりますと、近年のサムスンラインナップにWindows 8.1をのっけてその動きをテストしていると、公式筋が認めたというのです。ですが、テストをしていてもAndroidの問題もあり、もちろん双方の合意がなければ新製品にはなりません。マイクロソフトとグーグルで、モバイルOSについてなんらかの解決策が見られれば、サムスンから早くてこの秋にもWindows 10端末がでる可能性ありです。

Windows用に新しいハードが作られるのか、それとも既存のものにのっけてWin版を選べる仕様になるのか、そんなところも気になります。が、何よりもサムスンが目指しているのは、すこーしずつAndroidから距離を置きつつも、自社のTizen OSだけにならないようにしたいという状況なのでしょう。

source: Korea Times via WMPoweruser

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(そうこ)