中国Xiaomi、最も成功したテック系スタートアップ企業に

勢いは止まりません。

スマートフォンのみならず、最近は家電も製造する中国企業のXiaomi。新たにに11億ドル(約1,300億円)の資金を調達し、企業価値が約450億ドル(5兆4,000億円)に達したことで「最も成功したテクノロジー系のスタートアップ企業」になったと話題です。

Xiaomiは2010年に中国で創立されました。マーケティングにはSNSサーヴィスを利用し、自社製プラットフォームから収益を上げるシステムを構築して端末価格を低く抑えたことにより中国で大ヒット。すでに同国では2014年の第2四半期にシェア1位を獲得し、全世界でもサムスンやアップルにつぐシェア3位記録しています。同社のスマートフォンは価格が安いだけでなく、高品質でスペックも最先端であることも人気の理由の1つかもしれませんね。

XiaomiのBin Lin社長は「(資金調達は)素晴らしいセールス結果の証明であり、我々の新たなスタートの証となるでしょう」と述べており、同社の挑戦はまだまだ続きそうです。

ちなみにXiaomiは来年1月に新型フラッグシップスマートフォンを発表する予定。では5.5インチのサファイアガラス製ディスプレイを搭載した、ハイエンドなファブレット端末になるとか…期待しましょう。

source: BBC

(塚本直樹)